「人の名前が出てこない」なんてことはありませんか

健康・美容

「人の名前が出てこない」なんてことはありませんか
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

 会った人の名前が出てこないなんてことは、ありませんか?

その時は何とか話を合わせるのですが、その人の名前を思い出したのは、それからかなり経った後だったり、どうしても思い出せなかったり。

 これは、脳の働きが弱っているからみたいなんですね。脳の働きを良くすると改善できるみたいです。

 DHAやEPAなどを摂取すると頭が良くなると言われていますね。

DHAはドコサヘキサエン酸のことで、EPAはエイコサペンタエン酸のことで、ともに魚の脂肪に多く含まれています。特に「イワシ」「サワラ」「サバ」「マグロ」などの青魚に多く含まれています。

元々日本人は、このような魚を多く摂取してきたのですが、最近は不足していると言われていますね。

 DHAやEPAは一般に知られるようになってきましたが、さらに生活習慣病の予防と改善効果があるといわれているのが、DPA(ドコサペンタエン酸)です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは

 DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳を元気にして脳の老化を防いだり、健康や脳に良いと言われています。私たちの体に必要な必須脂肪酸です。

 「人の名前が出てこない」「うっかりミスが増えてきた」と言う人が摂取すると良いと言われています。


 必須脂肪酸とは、体内では合成することができないため外から摂取しなければなりません。

 人間の脳は、水分を除く半分くらいが脂質といわれていて、そのうちの4~5%がDHAなのだそうです。

 脳の中でも記憶や学習機能に重要な役割を果たしている「海馬」には、他の部分の2倍以上のDHAが存在しているのだそう。

 DHAは体内でほとんど作ることができないので、DHAを含む食品などから摂取するしかないんですね。

EPA(エイコサペンタエン酸)とは、

 血管・血液の健康に重要で、「血液をサラサラにする」「中性脂肪値を下げる」「血管年齢を若く保つ」「心臓病・脳梗塞を防ぐ」「動脈硬化を防ぐ」などの効果があると言われています。

DPA(ドコサペンタエン酸)とは

 DPA(ドコサペンタエン酸)は、DHAやEPAと違って魚にたった3%しか含まれていません。主な効果効能は、EPAと同じなのですが、血液をサラサラにする効果はEPAの10倍のパワーがあると言われています。

オメガ3とは

 脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることができます。

 不飽和脂肪酸は、その構造から、オメガ3(n-3系脂肪酸)、オメガ6(n-6系脂肪酸)、オメガ9(n-9系脂肪酸)に分類されます。

 DHAやEPAなどは、オメガ3に分類される脂肪酸です。

 オメガ3脂肪酸には、血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれています。
 
 そのため、オメガ3脂肪酸には、下記の効果があると期待されています。

 ・コレステロールを下げる(LDLコレステロールを下げる)

 ・中性脂肪を下げる

 ・脂肪肝の予防

 ・動脈硬化・心筋梗塞の予防

 ・高血圧予防

 ・脂質異常症(高脂血症)予防

 ・メタボリックシンドローム予防

 ・脳の活性化

 ・認知症予防

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?